2013年11月4日月曜日

角田浜妙光寺「渡辺隆次展」
















角田浜にて観ていただきたい展示をご紹介します





























本日が最終日なのですが角田浜の妙光寺さんにて

「渡辺隆次展」が開かれています。

連休最終日是非ご覧になってみてください。











客殿にて。ずらりと並ぶ屏風が壮観









きのこ、草花、虫や鳥や動物たちを
独自の画法で描き続ける画家『渡辺隆次さん』の作品展。
渡辺さんは、武蔵野美術大学特別講師、
エッセイストとしても活躍し、数々の著書のほか、
2000年には武田神社(山梨県甲府市)菱和殿に
山梨の草木禽獣など120枚の天井画を描いた作品があります。
今回の展示では屏風、絵巻などを展示しています。











書著にサインをいただきました!









渡辺さんは山梨県の八ヶ岳山麓で
アトリエ兼ご自宅を構え、様々な生命の不思議を
造形した作品をつくられています。






とても気さくなお人柄でお話がとても面白く、
きのこや植物、自然の知識が豊富な渡辺さん。

最終日はご本人にお会いできるかもしれません☆








お子よ、屏風に釘づけじゃーん!









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【渡辺隆次氏プロフィール】
1939年東京八王子に生まれる。武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)本科・西洋画卒業、東京学芸大学養護科修了。1977年から八ヶ岳山麓長坂町のアトリエで制作を続ける。無所属。作品発表は主に個展。1992年より1999年まで武蔵野美術大学特別講師。エッセイストとしても活躍し、主な著書に『きのこの絵本』『山のごちそう』『八ヶ岳 風のスケッチ』(以上ちくま文庫)がある。












0 件のコメント:

コメントを投稿