2013年12月31日火曜日

2013年の「浜」を振り返って




















2013年も今日が最後。















大晦日。夕方の竹野町の空に、少しだけ太陽が出た











今年も“巻の浜”で色んな出会いがあった☆

そして一層、この巻の浜に夢中になっていくのが実感できた一年。





本当に巻の浜集落は魅力的だ。

浜に行く度、今日はどんなところに、誰に出会えるか

楽しみで、楽しみで、ずっとワクワクしていた。



しかし、出会いもあれば

ここ数年の浜集落は変化が激しかった。

主に「浜茶屋(民宿・季節旅館)」の減少

ほんとに一気に

大好きな景色が次から次に消えていった。













私がまだ小さい頃、毎年夏になると

家族で角田浜へ海水浴に出掛けた。

そして必ず浜茶屋「みかど」さんで休憩をする。



海に出たり入ったりして

お昼になると、焼きハマグリやラーメンを食べた思い出や、

当時流行っていたミルクセーキを玄関にあった冷蔵庫から選んで飲んだこと、

外の灼熱とは別世界の、風が通って涼しい座敷から、

今より遙かに広かった砂浜をボーっと眺めている感覚、

いつも窓越しにお隣さんの「しのだや」さんや「角田屋」さんの

中にいるお客さんをみていたこと

どれも些細なことだけれど、一生忘れることのない思い出。








茶屋と茶屋の間の海への出入口。生活感溢れる通路の空気は
意外とひんやりとしている

茶屋が軒を連ねていた様子を想像できる貴重な資料












































































約54軒の店がすき間なく軒を連ね

駐車場からでは店が並んでいるため、浜の様子が見えないほど。

また、遊び終え海から上がり、茶屋へ戻る際には

あまりにも似ている外観、同じような名前の店が連なり、

自分の戻るべき茶屋がどこにあるか

見失うほどであったような思い出もある。




  

しかし、そんな思い出いっぱいの茶屋は

2002年頃に「みかど」さんが店を閉じたのを皮切りに

年に数件ずつ、閉じる店が増えていった。




そして2008年の暮れから2009年頃にかけて

別天地駐車場(中央の駐車場)にある茶屋が4軒、一気に取り壊された。




その光景を見てはじめて、

私はこのまま静かに、

この場所が当たり前のように

なくなっていってしまうような気がして

勝手に危機感を感じた。




















浜のありのままの様子を

せめて写真の中でも残そうと思ったのはその頃からである。



といっても、

取り分けて親しい繋がりのなかったこの土地では

しばらくはどうすることもできず

もどかしくって、仕方がなかった。




しかし、

角田の皆さんは自分が思っている以上に

見ず知らずの私を快く受け入れていただいた。

自分が勇気を出してアタックすれば、

ほんの少しずつであっても着実に距離を縮められる感じ

それが嬉しくて、嬉しくて、仕方なかった。








あるときは

角田の歴史を教えていただき、


またある時は、古い写真を見せてもらった。




























































































閉店後の茶屋では

毒消し行商の思い出を話していただき、













冬の寒空の夕方に訪れたときは、

こたつでお茶を飲ませてもらったりもした。















そして、取り壊しの前の茶屋に

入れさせていただいたこともあった。






雨戸で閉じられた暗い茶屋の中で
思い出の品をひとつひとつ整理する様子をそばで見させていただき




ひとつのお店が長い歴史に幕を閉じるということが

どんなことなのかを初めて感じたときであった。

















本当に

一生忘れることのできない経験をさせていただいた。








来年2014年にはまた一軒、

茶屋が店を閉じる予定だ。















町は変る。変らずにはいられない。


それはやっぱり寂しいことであるが、


仕方のないことでもある。
















2013年も終わる。















2014年の「巻の浜」よ、幸あれ。























0 件のコメント:

コメントを投稿