2014年1月5日日曜日

角田浜のお正月

新年早々






角田浜へお邪魔した。








角田浜では正月になると

新年の挨拶のときに親戚の子供たちが書初めをし、

親戚のところに持っていく。

それを受け取り、部屋に飾り

はじめて子供たちにお年玉をあげるのだそう。








もちろん家それぞれだけど、

そんな風習がいまでも少しは残っているという。



確かに自分が高校のとき

角田に親戚を持つ友人が、お年玉もらうために

毎年習字をするといっていた。





おでんに蛸



ホッケ


佐渡で有名な「ながも」



しめに味噌ラーメン




角田の茶屋が53軒並ぶ頃の写真を見ながら

昔話に花を咲かせた!















つづいて、




夜は巻の中吉川AP(アパートメント)へ






「中吉川AP」の活動メンバーを中心に

10人以上の参加者が

それぞれ料理を持ち寄って集まり、






遅くまで、食べて!飲んだ!
















朝。




6:00







中吉川さんの駐車場に車を取りにいくため

まだ、薄暗い外のまちを歩く。









冬のキリッとした空気



まだ、街灯の電気がついている





「静」の空間。



いつも歩いている、見慣れた景色でも


蒼いフィルターを通して見るような幻想的な感覚。





刻一刻と、空の色が変っていって

一瞬一瞬が短くて

全てを、ケータイカメラに収めておきたくなるほどキレイ。







薄暗い闇のなか、ぽっと

民家に少しずつ温かそうな光が燈り始め

まちが少しずつ動きだしていく感じ。





夢中になりすぎて

西川の土手の方まで歩いていた。






朝の早起き。

何だか、すごく得した気持ち






0 件のコメント:

コメントを投稿