2014年12月31日水曜日

TAKO




年末のとある日


冬の新潟では珍しく、見事に青空が広がった。












ウワサで聞くには、越前浜にここ数日、

立て続けに、希少生物が打ちあがっているという。



年賀状を買いに行くついでに、

ふと越前浜の駐車場まで寄ってみると

「ばうわう」さんのお店の前に

何かを燻しているのであろう、煙が立っていた。


 

 






バーベキューグリルの網の上で踊っているこの物体は?





これは何ですか~?






「マンボウだよ。」




味は、

特にクセも無くブニブニしているらしい。


 

 

 



私が着いたころは、ひと足遅かったのだけど、

この日の朝方、リュウグウノツカイが上がったという。



「リュウグウノツカイ」。

新潟県内での発見は5体目で、前回は柏崎で5年前に上がったそう。

今回のものは4m以上もあり、早速新潟の水族館に引き取られていった。

そして、あまりに稀な事例のため

大地震の前触れではないかと騒いでいた。。



先日は、ムラサキダコ、そして私たちの念願のダボイカも打ち上がり

そして今朝は再び、大きなマンボウとサケガシラ。

日本海の海流がおかしなことになっているのではないかという、不安の声も。






また何か収獲がないかと、ご一行は海へ出かけた様子








続いて、お隣のだるまやさんへ。





!!



What's?




it's octopus!






たこー!



これが本当に絶品で。。

そして冬に獲れるものは本当に極太!



この日の分は早くも売り切れであったため

予約をしてきた。楽しみ!








中にあがっていきなよー、ということで


コタツでコーヒーをいただいて


ベニハルカという、ものすごく甘いさつま芋


冬の茶屋で海を見ながらコタツでサツマイモ。

このシチュエーション、夏の茶屋に勝るとも劣らないほど風情がある。

最高だ・・








夕日が傾きはじめる。



室内に赤い光が差し込み始める、夕方の茶屋


この日、だるまやさんには入れ替わり立ち代わり、

引っ切り無しに常連さん達がお茶を飲みに来ていた。



それは、お母さんの人柄に引き寄せられて

自然と集まるってくるんだろう。







やっぱり、

ここは最高である!
























2 件のコメント:

  1. 蛸・・・旨いのよね。食べたいなぁ。。。

    マンボウ・・・興味ありますねぇ♪

    返信削除
  2. やまがさん、では来年マンボウ探しに行きましょう!!

    今年はお会いできたて嬉しかったです!
    来年も宜しくお願い致します。

    返信削除